« 2014年3月 | トップページ | 2015年4月 »

2014/04/10

小保方さん・・・

STAP細胞をめぐる昨日の小保方さんの会見をどう見るか。科学に疎い私には、専門的なことはよくわからない。だが、誰がどう見ても、彼女が自分自身の言葉で、自身の見解や心情を素直に表現していたのは事実だろう。

それに比べて、先日の理研の会見は見苦しいものだった。最大の問題は、責任のすべてを小保方さんに押し付け、トカゲのしっぽ切りをしようとしていることだ。

私は、過去にたくさんの企業を取材してきたが、優秀な企業は若手に権限を与えて仕事をさせるが、上司がその過程でしっかり監督・助言を行い、最終責任も上司が負っていた。だが、理研という組織にはそうした姿勢は全く感じられなかった。

「科学音痴は黙っていろ!」という人もいるだろう。だが、そうはいかない。なぜなら理研は、税金で運営される独立行政法人であり、新たに「特定国立研究法人」なるものに指定されることを目指しているのだ。

しかも、過去に理研が税金で高額な高級家具を購入するなど、税金の使い方はすでにムチャクチャな状態だ。

こんな組織に税金を使わせてはいけない。問題の本質は小保方さん個人にあるのではなく、理研という未熟で腐った組織にあるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2015年4月 »