« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/03/31

大学病院

目の調子が悪いので、この間の月曜に眼科に行ったら「眼底出血があるので、すぐに大学病院に行ったほうがいい」とのこと。そこで、紹介状をもらって、翌日、順天堂大学医学部付属順天堂医院に。

行ってみると、さすがに有名大学病院だけあって、規模が大きくてキレイな病院。院内にはスタバやレストランまである。

しかし、何より驚いたのが患者の多さだ。厚生省の特定ナントカ病院になっていて、原則紹介状が必要で、それ以外の人は3150円払わなきゃいけないらしいのだが、それでもすさまじい数の患者。油断すると誰かにぶつかりそうなぐらい混んでいるではないか。

それだけ患者が多ければ、当然待ち時間も長くなるわけだ。おかげで、午前9時半に受付をして会計が終わって病院を出たのが午後2時半過ぎ!実に5時間もかかってしまった。

その間、視力などの一般的な検査→診察→眼底の撮影など専門的検査→再び診察→次回に実施する造影剤を使った検査のアレルギー反応チェックという流れだったが、診察や検査時間より、待ち時間のほうが圧倒的に長かったのは言うまでもない。

しかも、普通なら本でも読んで時間を潰すところだが、何しろ目が悪いのでそれもできない(コンタクトもはずしているし)。ただひたすらボケッとしてるだけ。その分、余計に長く感じてしまった。

というわけで、ひたすらくたびれた一日だったのだ。

さて、次回の検査は4月6日。そして診察は11日。まだまだ戦いは続くのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/11

地震

ついに来たと思った。
いつかは来ると思っていた関東大震災級の地震・・・。

家の中が尋常でない揺れ方をしたので、
すぐに家を飛び出して前の駐車場に出たら、
地面がグラグラ揺れていた。

いつまで経っても揺れが収まらない。
通りかかった下校途中らしい小学生の女の子が、
うちのアパートの階段の手すりにしがみついて固まっていた。

1分? 2分? やけに長く感じられた時間が過ぎて、
多少は落ち着いたので家に戻ったら、
部屋の中にいろいろなものが散乱していた。

その後も続く余震は今も収まらない。

東京でこれだけひどかったのだから
震源地の近い東北は・・・。

地震でこんなに怖い思いをしたのは初めてだ。
自然のパワーをあらためて実感させられた。
もう二度と体験したくない。
今言えるのはそれだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »