« 新宿LOFT | トップページ | 土日に観た3本 »

2009/11/02

『母なる証明』&『わたし出すわ』

一昨日は、待望のポン・ジュノ監督の最新作『母なる証明』を鑑賞。

最初に新宿のバトル9に出かけたら、上映の2時間近くも前なのになんと満席。むむむ、これはポン・ジュノに関心があるのではなく、出演のウォンビン目当ての韓流おばさんが大量出現したのではあるまいか。

仕方なく慌てて今度は渋谷に出て、シネマライズに直行。幸いなことに、こちらは席に余裕があり、まずまず良い席をゲット。そして鑑賞した『母なる証明』。また今回もスゴイ映画だった!スリリングなサスペンスを通して、深い人間ドラマを描くのは『殺人の追憶』あたりと一緒。しかし、今回描かれるテーマは「母の愛」。などというと美しいものを想像するが、いえいえあなた、そんな生易しいものではありませぬ。壮絶です。背筋ゾクゾクです。恐ろしすぎます。観終わってあれこれ考えさせられるのも、過去のポン・ジュノ作品と同じ。ホントにいろんな意味でスゴイ監督さんです。

そして、昨日は、近所のシネコンで森田芳光監督の『わたし出すわ』を鑑賞。お金をテーマにした映画で、13年ぶりのオリジナル脚本ということで、かなり作家性の強い映画でした。主人公の身辺や心理などを明確に描かず、観客に考えさせるつくりなので、けっしてわかりやすい映画ではないものの、個人的にはこういう森田芳光のほうが好きです。こちらも、観終わってお金についてあれこれ考えさせられる映画でした。

昨日は映画サービスデーだし、時間も早いということで、その後は渋谷に出て前日に続いてシネマライズへ。どうしてももう一度観たかった『空気人形』を二度目の鑑賞。二度観ると、また新たな発見があって面白かったです。特に中身の空っぽな空気人形と、孤独な都会の人々との関係性が、より明確に伝わってきました。もちろん、ペ・ドゥナは観れば観るほど素晴らしい!!! 私の中の今年の主演女優賞はペ・ドゥナで決まり!

そういえばマイケル・ジャクソンの映画、超満員みたいですね。うーん、観にいこうかなぁ。どうしようかなぁ・・・。

|

« 新宿LOFT | トップページ | 土日に観た3本 »