« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »

2009/11/25

11月も残りわずか

11月に入ってから超多忙で、昨日、今日とやっと一息つきました。

と言いつつ週末はけっこう出かけていて、先々週の土日は、初台ザ・ドアーズに頭脳警察のCD発売記念ツアーを観にいき大盛り上がり大会。特に2日目は最高に良かったですね。これぞロック!!です。まさしく。アンコールでTOSHIさんにワインをかけられてシャツが赤くなっちゃいましたけど。余裕があれば、名古屋か大阪も観にいきたかったんだけど、やっぱり無理でしょうねぇ。

そしてそして、この間の3連休は『イングロリアス・バスターズ』『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』『曲がれ!スプーン』を鑑賞。やっぱりタラちゃんの映画は面白い!!あれを高く評価せずしてエンタメ映画は語れませんぞ。よくもまあ、あんな映画を作るもんだと感心です。でも、わかんないヤツにはわかんないんだろうなぁ。ま、それが映画というものですが。

あとの2本は・・・まあまあ楽しい映画でした。まあまあね。

やれやれ、茉奈佳奈が紅白に落選して大晦日の楽しみもなくなったし、さて今年の年末年始はどうするか。あ、その前に年末進行の仕事がまもなく襲ってくるのだった・・・。

|

2009/11/09

鎌田實先生

午前8時30分新宿発の特急「あずさ」で長野県の茅野へ。そこからカメラマンの車で諏訪中央病院へ。

午前11時30分から約1時間。名誉院長の鎌田實先生をインタビュー。

想像通りの優しい方。時々見せる笑顔がとても魅力的でした。はたして、うまく原稿にできるのやら。

帰りは「スーパーあずさ」でビュビュッと帰京。

うーむ、それにしてもここんとこ朝が早くて眠い。今日は早く寝て明日から原稿を書こう。

|

2009/11/08

土日に観た3本

昨日の土曜日は、シアターN渋谷に『ドキュメンタリー頭脳警察』を観にいく。全3部作、5時間14分!いくらぶっ続け上映ではないとはいえ、やっぱり長いですよ。長すぎです。

ステージの模様はもちろん、舞台裏やレコーディング風景、メンバーのインタビューなど満載で、ファンなら楽しめるものの(もちろん私もファンなので大満足)、それ以外のただの音楽ファンあたりが観たら、相当につらいんじゃないのかなぁ?どう考えても4時間には短縮できると思うもの。3部作にしたのは営業戦略なのか???ファンは絶対に3本とも観るから、その分興行収入アップですからね。

本日はうって変わって、サム・ライミ監督久々のホラー映画『スペル』とハリウッド映画の日本リメイク『サイドウェイズ』を鑑賞。どちらもなかなか面白かったです。前者は恐怖シーンのタイミングが絶妙で、最後まで緊張感が途切れず。後者はノスタルジックでちょっぴり切なく、そしてほのぼのとした大人のドラマでした。

明日は朝8時半の「あずさ」で長野へ。「がんばらない」の鎌田實医師にインタビューなのだ。がんばってきます。あ!がんばっちゃいけないのか。

|

2009/11/02

『母なる証明』&『わたし出すわ』

一昨日は、待望のポン・ジュノ監督の最新作『母なる証明』を鑑賞。

最初に新宿のバトル9に出かけたら、上映の2時間近くも前なのになんと満席。むむむ、これはポン・ジュノに関心があるのではなく、出演のウォンビン目当ての韓流おばさんが大量出現したのではあるまいか。

仕方なく慌てて今度は渋谷に出て、シネマライズに直行。幸いなことに、こちらは席に余裕があり、まずまず良い席をゲット。そして鑑賞した『母なる証明』。また今回もスゴイ映画だった!スリリングなサスペンスを通して、深い人間ドラマを描くのは『殺人の追憶』あたりと一緒。しかし、今回描かれるテーマは「母の愛」。などというと美しいものを想像するが、いえいえあなた、そんな生易しいものではありませぬ。壮絶です。背筋ゾクゾクです。恐ろしすぎます。観終わってあれこれ考えさせられるのも、過去のポン・ジュノ作品と同じ。ホントにいろんな意味でスゴイ監督さんです。

そして、昨日は、近所のシネコンで森田芳光監督の『わたし出すわ』を鑑賞。お金をテーマにした映画で、13年ぶりのオリジナル脚本ということで、かなり作家性の強い映画でした。主人公の身辺や心理などを明確に描かず、観客に考えさせるつくりなので、けっしてわかりやすい映画ではないものの、個人的にはこういう森田芳光のほうが好きです。こちらも、観終わってお金についてあれこれ考えさせられる映画でした。

昨日は映画サービスデーだし、時間も早いということで、その後は渋谷に出て前日に続いてシネマライズへ。どうしてももう一度観たかった『空気人形』を二度目の鑑賞。二度観ると、また新たな発見があって面白かったです。特に中身の空っぽな空気人形と、孤独な都会の人々との関係性が、より明確に伝わってきました。もちろん、ペ・ドゥナは観れば観るほど素晴らしい!!! 私の中の今年の主演女優賞はペ・ドゥナで決まり!

そういえばマイケル・ジャクソンの映画、超満員みたいですね。うーん、観にいこうかなぁ。どうしようかなぁ・・・。

|

« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »