« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/28

新宿LOFT

昨日は、久しぶりに新宿ロフトへ。

「DRIVE TO 2010」という1ヶ月(?)だかぶっ通しのイベントで、昨日は頭脳警察、カーネーション、突然段ボールという出演者。もちろんお目当ては頭脳警察。とはいうものの、他の2バンドも昔聴いたことがあるし、興味津々で出かけたのでした。

でもって、行って大正解でした。どのバンドも存在感があるし、それぞれ個性が違うので観ていて楽しかった。何しろ頭脳警察~40年、カーネーション~26年、突然段ボール~32年だそうで、合計すると98年だっ! 計算間違ってませんか?

まあ、とにかくどれもカッコいい。死ぬまでロックに魅入られている人たちを観ると、こちらも元気になってくるのですよ。

そして、頭脳警察は、やっぱりCherryがドラムを叩くと違いますね。なんか格が違うというか、スケール感がワンランクアップする感じです。それに中山努のキーボードが入ると、ますますスケールが広がります。ちなみに、ベースは初めて観る人でしたが(ジョニー吉永、加納秀人などとやっているFukushinという人らしい)。

できれば、来月のドアーズも、Cherry&中山努の入った編成を希望。

それにしても終演は11時。久しぶりの午前さまだよん。あ、そういえばカーネーションのゲストでケラが出て、アンコールの「コミック雑誌なんか要らない」でも歌ってました。懐かしいぞ有頂天。

|

2009/10/23

何とか今週も・・・

先週土曜は、埼玉のライブハウスでの頭脳警察のサタデーナイト・ライブへ。近くのさいたまアリーナではビヨンセのコンサートがあったらしいが、こちとら結成40周年だぜぃ!
ということで、なかなか熱い演奏で楽しめました。新曲カッコいいです。

翌日曜は、熱海にわが師匠、隆慶一郎(池田一朗)先生のお墓参りに。天気は良かったけれど、なぜかお墓のある山の上も、熱海の町もビュービュー風が吹いて寒かった。帰りがけに食べたラーメンがうまかったです。

それから月~水と打ち合わせやら取材やらで忙しく、昨日&本日は1日中原稿書き。さて、明日は久しぶりにのんびりしようかな。

・・・そういえば加藤和彦さん亡くなりましたなあ。「あの素晴らしい愛をもう一度」はやっぱり名曲ですものねえ。合掌。

|

2009/10/11

3連休は映画三昧!?

みなさま、3連休は満喫されていますでしょうか?

私は、相変わらずの映画三昧どえす。

思えば、先週は忙しい忙しい。火曜日は千葉の佐倉に出かけて、あのマラソンの小出義雄監督(有森裕子、高橋尚子を育てた)にインタビュー。テレビなどでもおなじみですが、とにかく明るく楽しい方で、いろいろなことをお話してくださいました。もちろん、原稿には書けないことも(笑)。

でもって、翌日からはその原稿書き&某百貨店の社長インタビューのテープ起こしで大忙し。おまけに金曜日は突如入った入稿済み原稿の差し替えで、てんてこ舞い(てんてこ舞いってどんな踊り?)。

どうにかそれらを片付けて、世間並みに休んでいるこの週末。土曜は、近所のシネコンが10周年記念で映画1000円。なので『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』『私の中のあなた』をハシゴ。どちらも、監督の技量が光る映画でした。『ヴィヨン~』は破滅型作家ではなく、その妻の明るさやたくましさを前面に出したのが印象的。それでもって繊細な心理描写はさすがに根岸吉太郎監督。

一方、『私の中の~』は難病ものなのに、ベタベタの映画にしないで、家族のドラマを中心にいろいろな要素を巧みに配置。さすがニック・カサヴェテス監督。

そして、本日は新宿バルト9にて『クヒオ大佐』。なぜに満員? ま、上映館が少ないからね。しかし、なぜあんなオマヌケ男に女はダマされるのだ??? というわけで、詐欺師の男ではなく、ダマされる女性に焦点を当て、湾岸戦争時に見られる日本人のアメリカに対するコンプレックスにまで言及するとは、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八監督なかなかやるわい。

さて、明日は何を観ようかしら。いやいや、そんなに映画ばかり観ていては破産も間近かと・・・。

|

2009/10/05

観劇&映画鑑賞

この間の土日は久々に仕事なし。

土曜日の夕方は、北千住のシアター1010で舞台版「だんだん」を観劇。

そもそも映画と違って、芝居にはめったに行かないから偉そうな事は言えないのだが、なかなか面白かったと思います。まず半年間のドラマを2時間半の舞台に凝縮したのがスゴイ。しかも、涙あり、笑いあり、歌ありのバラエティーあふれる展開(予想以上に笑えるところが多かった)で、幅広い客層にアピールする内容。観客から拍手や手拍子も飛び出して、良い意味で庶民的で楽しめる芝居でした。

主演の三倉茉奈・佳奈に加え、吉田栄作、古村比呂、相田翔子、三林京子、石倉三郎などベテランと若手が一体になった演技も見応えがありました。さすがにみんな個性的で舞台でも映えますねぇ。

それにしても、茉奈・佳奈の歌は相変わらず素晴らしいハーモニー・・・。

観劇後に、町屋に住む知人と遅くまで飲んでしまい、日曜の朝はイマイチ気合が入らなかったものの、午後は久々に日比谷のシャンテシネに行き、『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』を鑑賞。アメリカの移民問題をめぐる最近のデタラメぶりをリアルに描いていて、なかなか面白かったです。もうアメリカは「自由の国」じゃないですね。

さてさて、明日は千葉の佐倉でマラソンの小出義雄監督の取材なのだ!予習しとこうっと。

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »