« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/20

TSUTAYA半額で

この3連休。映画館に足を運んだのは2回。土曜日に地元でニコラス・ケイジ主演の『ノウイング』、日曜日は渋谷ユーロスペースでPFFスカラシップ作品の『不灯港』を鑑賞。

『ノウイング』は初めはオカルト風のミステリーなのに、最後はSFになるという不思議な展開。しかも途中はパニック映画。あの手この手で楽しませようという意図はよくわかったけれど、まあ、それだけの映画ですね。あのラストには、とてもついていけませんでした。

『不灯港』は、なかなか面白い映画。独身の中年漁師の話なのだが、オフビートな笑いが炸裂して最後までクスクス笑ってしまいました。途中から失速気味なのと人間ドラマに深みがないのが物足りないけれど、新人監督としては上出来。あの独特の世界が、今後どうなるのか楽しみです。

本日も映画館に・・・と思ったものの、どの星占いを見ても最悪の運勢。おまけに、今日はTSUTAYA半額セールということで、自宅でDVDを見ました。昨年、日本映画のランキング上位になった若松孝二監督の『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』。劇場公開時に見逃していたもので。

いや、これがやっぱりスゴイ映画でした。監督も役者も気合の入り方が違います。あの凄惨なリンチ殺人をリアルに描き出し、さらに、最後のあさま山荘での戦いをこれまたリアルに描いて、3時間10分があっという間。あさま山荘のシーンで、外の警察をまったく映さずに、ひたすら山荘内の赤軍兵士と人質だけを映すという徹底ぶりが、いかにも若松監督らしいですね。事件の表層しか知らない僕みたいな人間にとって、いろいろと考えさせられる映画でした。

|

2009/07/11

映画&音楽三昧

ここんところ、映画はコンスタントに観ているのだが(今週観たのは『MW-ムウ-』『扉をたたく人』)、音楽方面にも足を運んでいて、先週金曜は(PANTA+菊池琢己)のライブへ。

今回はゲストのヴァイオリンの阿部美緒と久々の演奏ということもあり、曲調も静かめなものが多かったけれど、演奏自体はなかなかのクオリティでした。

それにしても、阿部美緒はずいぶんステージ映えするようになったと思う。さすがメジャーどころのライブなどでも活発に活動しているだけのことはありますね。

で、今日は一転してサイモン&ガーファンクルの東京ドームのライブへ。ドームライブは確かポリス以来ですかね。

まあ、昔は大好きだったし、年齢的にこれが最後の来日だと思うので、とりあえず足を運んだという感じではあったのですが、これが想像以上に良かったです。

曲目は予想通りでしたが、けっこう新しいアレンジなどもあって、ただの懐メロになっていなかったのがグッド。バックがみんなうまいミュージシャンばかりなので、なおさら素晴らしい演奏でした。

ポール・サイモン、アート・ガーファンクルともに67歳! 約2時間みっちり演奏するのだからスゴイ。そのへんのジイサンなら死んでるゾ! 現役ミュージシャンの若々しさを再確認。きっとアート・ガーファンクルは死ぬまで「明日に架ける橋」を歌うな。

|

2009/07/02

東大に入った!

本日、東大に入りました!

ええ、もちろん入学したわけではなく、文字通り構内に入っただけです(笑)。

こんなに長いこと東京にいるのに、初めてです。おお、赤門はやっぱり赤いではないですか!

何しに入ったかというと、工学部の西成活裕教授にインタビューに行ったのです。『渋滞学』『無駄学』などの本でおなじみの工学部には異色の先生。そういえば爆笑問題の『爆問学問』にも以前登場されたらしいですね。

お話を伺うと、実に気さくで、楽しい方。それでいて、企業の無駄どりはまもちろん、環境問題や資本主義の今後など、社会問題への関心は並々ならぬものが感じられました。ご自身もおっしゃっていましたが、従来の数学者など理系の学者とは明らかに違う存在。こういう方が、どんどん活躍されると、日本も少しは良い方向に行くかもしれませんね。

さて、あとは原稿にするだけなのだが・・・。うーむ。

<おまけ>
天気が良かったら、安田行動など、もっと構内を散策しようと思ったのだが、あいにくの雨で断念。次回はぜひ・・・。

| | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »