« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/13

『ホット・ファズ』

昨日は、副都心線で新宿へ出て、歌舞伎町のジョイシネマへGO。話題の『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』が公開なのだ。

ていうか、渋谷のシネマGAGA!ではすでに公開になっていて、本当はそちらに行きたかったのだが、ちょうど良い時間の回がトークショー付きで、「前売りがないと入れない」とぬかすので、しょーがないから歌舞伎町にしたのだ。おかげで正規の一般料金1800円を支払うハメに・・・。

しかし、それだけの価値はありました。いや、笑える笑える。ムチャクチャに楽しい映画です。オバカはオバカだけれど、イギリスらしくちょっと屈折した笑い。しかも、アクション、刑事ドラマ、西部劇、ホラーなど、いろんな映画の魅力がテンコ盛り。名作のパロディやオマージュもタップリで、これは絶対におトクだよん!映画好きなら必見。

それにしても、こんなに楽しい映画がファンの署名運動によって、ようやく公開とは。ま、公開されただけマシかもしれませんけど。

ということで、昨日歌舞伎町まで遠征したツケで、本日は家でずっと原稿書き。会社員ではないとはいえ、土日に仕事するのってやっぱりイヤ。

| | トラックバック (0)

2008/07/06

3日連続映画館シリーズ

あー、あぢ!
こう暑いと冷房代がかさんでたまらないので、3日連続で映画館に行って涼んだのだ。
しかし、考えてみると、トータル5000円ほどもかかっているわけで、ちっとも節約になっていないではないか! やれやれ。

何を観たかといえば、『西の魔女が死んだ』『奇跡のシンフォニー』『純喫茶磯辺』。どれも、それなりに面白かったのだ。

『西の魔女~』はお子様向けの話かと思ったら、意外にも重たいテーマが込められ、ストレートな感動とは無縁。しかし、その分、大人には見応えアリでした。

『奇跡のシンフォニー』は、ドラマ自体はありがちで、ご都合主義でつまらないのだが、音楽の素晴らしさが伝わってくる映画。音楽の持つ力の大きさを再認識させられましたぜ。

そして、本日観たのは『純喫茶磯辺』。ダメダメの父親と、反発しつつも見守る娘の物語。ユーモラスで、人間に対する温かな視線が感じられる映画です。ダメダメな人を描いた映画って魅力的だよなぁ。そう感じるのは、自分もダメダメだからだろうか。

ところで、本日、初めて地下鉄副都心線に乗ったのだ。駅はさすがに、まだ新しくてきれいでしたね。まあ、地下鉄なので電車に乗ってる間は、どうということもないワケですが。
それにしても、伊勢丹ったら独り勝ち。すさまじい人、人、人。電車の中も、みんな伊勢丹の袋を持ってるのだからして・・・。副都心線ならぬ伊勢丹線?

| | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »