« 新年明けたら仕事仕事仕事 | トップページ | 久々の映画のハシゴ »

2008/01/13

『ジェシー・ジェームズの暗殺』

昨日観た『ジェシー・ジェームズの暗殺』はイマイチだったな。19世紀を再現した映像が素晴らしいし、役者の演技も見事で、なかなかの力作ではあったものの、2時間40分という長さにしては、どうも深みに欠ける。

どうしてかと考えたら、要するに極悪人で庶民のヒーローのジェシー・ジェームズ(ブラッド・ピット)と、彼を暗殺したロバート・フォード(ケーシー・アフレック)を並行して描くがゆえに、焦点がボヤけて、心理描写が深まらなかったのではないだろうか。

これって、どう考えてもロバート中心の映画で、ジェシーは脇役でしょ。それなのに強引にジェシーを主人公に据えるから、物足りなくなってしまったのでは???

まあ、ケーシー・アフレックじゃ客が呼べないから、どうしてもブラピを主人公にする必要があったのかもしれないけど・・・。

本日も映画館に行こうと思ったものの、掃除に手間取り(エアコンのフィルターので掃除しちまった!)、なんだかんだで中止。明日は『その名にちなんで』か『グミ・チョコレート・パイン』のどちらかを観たいのだが。はたして???

|

« 新年明けたら仕事仕事仕事 | トップページ | 久々の映画のハシゴ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2505/17681109

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジェシー・ジェームズの暗殺』:

» 「ジェシー・ジェームズの暗殺」交差する視線、緊迫の時間 [soramove]
「ジェシー・ジェームズの暗殺」★★★★☆オススメ ブラッド・ピット、ケイシー・アフレック主演 アンドリュー・ドミニク 監督、2007年、アメリカ、160分 映画の中では「有名な」という言葉が 何度か使われた主人公の名前、 あの有名なジェシー・ジェームズ ...... [続きを読む]

受信: 2008/01/28 14:02

« 新年明けたら仕事仕事仕事 | トップページ | 久々の映画のハシゴ »