« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/30

bukuの日

山手線の西側で新宿、渋谷に続くターミナルといえば池袋だろう。しかし、この街には新宿や渋谷にはるかに及ばないものがある。映画館の数だ。名画座である新文芸坐、ポルノ専門館のシネロマンを入れても8つしかないのだ。どうだ、恐れ入ったか!

そんな8つの映画館が一致協力してフリーペーパーを発行し、毎月29日にはそれを持参すると映画が1000円で観られる!という嬉しい企画が数年前から始まった。題して「bukuの日」割引。

昨日がまさにその日。よって、池袋にて2本鑑賞。シネマサンシャインで『幸せのレシピ』、続いて池袋東急にて『パーフェクト・ストレンジャー』。別にどうしてもこの2本が観たかったわけでもなく、2本観るとすると時間的にこれしかなかったのだ。

で、どちらも、まあまあでした。『幸せのレシピ』はリメイクで、オリジナルの『マーサの幸せレシピ』には及ばないものの、全体にソツなくまとめていて、誰でもそれなりに楽しめそう。一方、『パーフェクト・ストレンジャー』はありふれたサスペンスでどうということもないのだが、ラストの結末にはちょっとピックリ。ハル・ペリー、ブルース・ウィリスの共演もあって、こちらもそれなりに楽しめる映画にはなっていたのでは?

できれば、その後もう1本、『クローズド・ノート』か『包帯クラブ』、あるいは『エディット・ピアフ』でも観たいところだったが、オシリが痛くてギブアップだワン!

| | トラックバック (0)

2007/09/28

青春が終わった!?

本日をもってFMラジオJ-WAVEの人気番組「e-station」(毎週金曜日)が終了した。名前こそチョコチョコと変わったものの(後ろにBBだとか、ゴールドだとかくっついて)、実に7年半も続いた番組だった。ラジオ番組は、テレビほどコロコロ変わらないとはいえ、ここまで続く番組はめったにあるものではない。

ナビゲーターは編集者でもある渡辺祐(「タモリ倶楽部」でもおなじみ)&みんしる。現在同局の大リーグ番組「BIG LEAGUE TODAY」の司会を担当する小林紀美(イチローに「これからの夢は?」と質問して「ベタな質問ですねぇ~」と返された人)も、この番組のはっちゃけレポートが評判となって羽ばたいたのだった。

この私、フリーランスで家で仕事をしているということもあり、番組開始以来、ずーっと聴き続けていたのだ。音楽や情報だけでなく、祐さんのオヤジギャグを中心に面白ネタも満載の番組で大好きだった。投稿もしたし、商品ももらったし・・・。

思えばこの7年半、私にもいろいろあったなぁ~~。

と感慨にふけってみたものの、よく考えたらそれほど大したことも起きなかった。進歩はゼロだ。むしろ後退しているかもしれない。一歩前進三歩退却。ズルズルズル

まあ、それはそれ、7年半も人生と密着してきた番組が終わるとは寂しい限り。涙。涙。

それにしてもJ-WAVE。金剛地の夜の番組も終わっちゃったし、日曜朝の番組も終わるしで、かなりの激変。何を目指しているんだ??? 半蔵門に押されてるのか???

さて、来週からはどうしたものか。とりあえず、これを機に、私も羽ばたこうとも思うのだが。(羽ばたくって、どう羽ばたくのだ?)

| | トラックバック (1)

2007/09/26

コンタクト現る!

約3ヶ月前にコンタクトレンズをなくした。たぶんどこかに落としたのだとは思ったものの、どうも様子が変だ。もしや目の中に入ったのか?

と思いつつ眼科に行ったが、それらしい兆候はないという。放射線で調べる方法もあるが、デメリットもあり、あまり勧められないという。

その後は、やや目に違和感があったり、目ヤニが出やすくなったりはしたものの、痛みもなく、「やっぱりどこかに落としたのかなぁ」と思っていたのだ。

しかし!!!!! なんと昨日、そのコンタクトが突然、目の中から出現したのだ。

目に変な感じがあり、ちょっと指でそのあたりをいじっていたら、装着していたコンタクトがズレてしまった。そこで、外してみたら、なんと2枚重ねになっているではないか。紛れもなく、なくなったコンタクトが目の中から出現したのだった。

ウソみてぇ~。こんなことってあるのか?いったい今までどこに隠れていたのだろう?

早速本日、眼科に報告に行ったら、可能性としては2つほど考えられるものの、どちらかはわからないとのこと。しかも、特に目に異常はないというのだ(念のため、目薬はもらってきたが)。オレの目は物が隠せる特別仕様なのか?そんなアホな。「何年も後に出てきたという例は、話には聞いていたけれど、私もこういうケースは初めてです」と医師のお話。

うーむ、結果オーライでコンタクトが出てきたのは良かったが、なんか変な気分……。

| | トラックバック (0)

2007/09/25

映画&音楽三昧その2

そして、3連休の最終日の月曜には、初台ドアーズでのPANTAのバンド「陽炎」のライブに行った。

これが実に素晴らしかった。全26曲、2時間半にわたる演奏で、ボリュームといい、中身の濃さといい、文句のつけようがない!PANTAは足首の骨折が癒えず、椅子に座ってのパフォーマンスだったが、全く問題なし。熱い演奏だった。PANTAの57歳を筆頭にベテラン中心のバンドだが、年齢など完全に超越。これぞロックだ!

ということで、充実の3連休・・・だったのか?お金もたくさん使って後がコワイのだが……。

| | トラックバック (0)

映画&音楽三昧その1

先週末からの3連休は、映画3本とライブ1本に足を運ぶという珍しく活動的な3日間を送った。

まず土曜日には、午前中に池袋に出て、ロバート・ロドリゲス監督の『プラネット・テラー』を観る。少し前に観たタランティーノの『デス・プルーフ』と同企画で競作された映画。ゾンビもののB級ホラー映画だが、さすがに芸達者なロドリゲスだけに、きちんとしたB級ホラーに仕上がっていた。タランティーノの生身のカーアクションはスゴかったが、総合力ではこちらが上。好勝負といえるかな。

続いて、銀座に足を運んで、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の『題名のない子守唄』を鑑賞。叙情的な作品が多かった過去とは一転したサスペンス。主人公の女性の忌まわしい過去を使って、重たい緊張感を生み出している。彼女の人間ドラマとしてもなかなかの映画。

そして日曜日には、豊島園にて『めがね』を鑑賞。のんびり癒し系の『かもめ食堂』のスタッフ&キャストによる作品だけに、こちらもまさに癒し系。とりたてて何も起きない南の海辺の町を、ゆったりと描いている心地よい映画。ただし、あまりにもユートピア的で現実離れしていて、個人的にはイマイチ映画に入り込めず。

| | トラックバック (1)

2007/09/16

武蔵野館に住み込み?

昨日、土曜日は映画を2本も観てしまった。それもどちらも新宿武蔵野館にて。

実は、前売り券を持っていたパク・チャヌクの新作『サイボーグでも大丈夫』を観ようと思ったら、すでに2時間後の次の回が立ち見だったのだ。で、しょうがないので、同じく武蔵野館で上映していた青山真治の『サッド・ヴァケイション』の1時の回をとりあえず観て、『サイボーグ~』の4時55分の回を観ることにしたのだ。はぁ。

さすがに2本も映画を観ると疲れます。途中で眠くなります。しかし、どちらの映画もけっこう面白かったです。『サッド・ヴァケイション』は石田えり演じる母親の底なしの母性(なのか?)に圧倒されてしまいました。『サイボーグでも大丈夫』は、ラブコメとはいえパク・チャヌクらしいク個性的な映画。精神を病んだ人たちを笑ってしまうというのは、日本では可能なことなのだろうか?感想の詳細はHPとメルマガにて。

2本も映画を観たおかげで、時間がなくて、知人の出産祝いが探せなくなってしまった。連休中に何とかしたいのだが。

そうそう、新宿はお祭りでした。神輿も出てました。あ、写真撮るの忘れた!

| | トラックバック (1)

2007/09/12

坊ちゃんの困ったサヨナラ

安倍首相が辞意表明した。遅いっつうの!ホンマニ「KY」、空気の読めない人だなぁ。

しかも、昨日国会で所信表明しだはかりで辞めるとは何事ぞ!
「ボクちゃん、もう嫌ンなっちゃったから、辞めてやるんだも~ん」てな、典型的なお坊ちゃまの根性のなさというか、みっともなさを感じてしまうのはボクだけであろうか?

ま、私は坊ちゃんでないけれど、けっこう溺愛されて育ってた時期もあるから、何となくわかる気もするんですよねぇ。苦労知らずのお坊ちゃまにありがちなのよ。こういうの。

もう自民党の中で政権のたらいまわしなどせずに、私に政権をよこしなさい!
てのは冗談にしても、もう自民党は下野しろ~~!!

| | トラックバック (2)

2007/09/11

大阪取材

8月後半は大変でした。本来、そんなに平熱が高くないのに、なんと40度の熱を出して寝込んでしまったのだ。おまけに土日で病院へ行けず、どんどん悪くなるばかり。

ようやく月曜になって近くの医院に行って薬をもらったら、これが強力で飲むとすぐに滝のような汗。汗が出る→熱が下がる→また熱が上がる→薬で汗→熱が下がる、というサイクルを何度か繰り返して、ようやく平熱に戻ったものの、熱の後遺症で頭は痛いし筋肉はだるいし。それでも、どうにか回復。

で、昨日は大阪の企業に取材に行ってきました。例によって時間がなくて、どこにも寄れなかったけれど、どうにか大阪城にだけは足を運びました。さすがに広いですね。時間が遅くて内部に入れなかったのが残念。

そういえば、先月はスポーツジャーナリストの二宮清純氏にもインタビューしたし、けっこう充実した取材ライフかも……。
Ts360106

これが大阪城だ!!

| | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »