« 梅雨は終わったのか? | トップページ | 「傷だらけの男たち」 »

2007/07/01

代官山で「響」

昨日は、なんとあのオシャレ~な街、代官山へ行ってきた。オシャレ~でない俺が行くのは、やや気が引けたが、そんなことはどうでもよい。駅近くの「晴れたら空に豆まいて」という不思議な名前のライブハウスに足を運び、PANTAと菊池琢己のユニット「響」のライブを見てきたのだ。
なんだか店内も不思議な雰囲気で、オリエンタルムード。お香の香り(?)もほのかに。フードメニューも自然食的なメニューがあったりするようだ。

そんなこんなでスタートしたライブは、さすがでした。あの重信房子女史の詞に曲をつけた企画CD「オリーブの樹の下で」のツアーとはいえ、それ以外の楽曲も充実していて、特に「アゲハ蝶を見た」「君かげらふも」「CAPTAIN TOKIO」といった、珍しい曲も聴けて満足。安定した演奏で、良い意味で余裕が感じられ、とても楽しめるライブだった。

当然ながら、オシャレ~でない俺はライブ前もライブ後もどこへも寄らずに、速攻で帰宅したのである。

さて、そして、本日は映画サービスデーだ。仕事もあったりするので、2本は無理だが、何としても1本は観ようと思い、近所の映画館で『憑神』を予約しようと思ったらほぼ満席。クソッ! 客の年齢層が高そうだから、オジジとオババが朝早くから予約しやがったに違いない。

頭にきたから、というわけでもないが急遽、新宿に出て『図鑑に乗ってない虫』を観ることに予定変更。しかし、こちらも人気がありそうなので、果たしてどうなるやら???

|

« 梅雨は終わったのか? | トップページ | 「傷だらけの男たち」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2505/15613814

この記事へのトラックバック一覧です: 代官山で「響」:

« 梅雨は終わったのか? | トップページ | 「傷だらけの男たち」 »