« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/08

「傷だらけの男たち」

昨日は池袋シネマ・ロサにて『傷だらけの男たち』を鑑賞。『インファナル・アフェア』の製作チームが再結集ということだが、サスペンス度はこちらのほうが高い。初めに犯人を明かしつつ、それを闇の中に引きずり込んでしまうのだから、そう簡単にできる芸当ではない。ただし、人間ドラマの深みとしては、やっぱり『インファナル~』のほうが上かなぁ~。

先週はバタバタと忙しくて、結局1本しか映画が観られなかった。月曜はウエブ系の取材があったし、火曜は原宿の会社に映像系の打ち合わせ。久々に竹下通りのど真ん中を歩いたぜ!まだまだイケるな。(ウソ)

それにしても、某メルマガの大阪方面のオバサン(自称なので)はキチガイだ。毎週5~6本は映画を観ているんじゃないか?家にテレビがなくて、他にやることもないらしいが、仕事はどうなってんだ?たしか前に貿易関係の会社かなんかのOLだと書いていたが、どういう労働時間と給料なんだ?うーむ、ナゾ。

ま、他人のことはいいや。私なんぞ、今のペースで時間もお金もいっぱいいっぱいですことヨ。やれやれ。

| | トラックバック (0)

2007/07/01

代官山で「響」

昨日は、なんとあのオシャレ~な街、代官山へ行ってきた。オシャレ~でない俺が行くのは、やや気が引けたが、そんなことはどうでもよい。駅近くの「晴れたら空に豆まいて」という不思議な名前のライブハウスに足を運び、PANTAと菊池琢己のユニット「響」のライブを見てきたのだ。
なんだか店内も不思議な雰囲気で、オリエンタルムード。お香の香り(?)もほのかに。フードメニューも自然食的なメニューがあったりするようだ。

そんなこんなでスタートしたライブは、さすがでした。あの重信房子女史の詞に曲をつけた企画CD「オリーブの樹の下で」のツアーとはいえ、それ以外の楽曲も充実していて、特に「アゲハ蝶を見た」「君かげらふも」「CAPTAIN TOKIO」といった、珍しい曲も聴けて満足。安定した演奏で、良い意味で余裕が感じられ、とても楽しめるライブだった。

当然ながら、オシャレ~でない俺はライブ前もライブ後もどこへも寄らずに、速攻で帰宅したのである。

さて、そして、本日は映画サービスデーだ。仕事もあったりするので、2本は無理だが、何としても1本は観ようと思い、近所の映画館で『憑神』を予約しようと思ったらほぼ満席。クソッ! 客の年齢層が高そうだから、オジジとオババが朝早くから予約しやがったに違いない。

頭にきたから、というわけでもないが急遽、新宿に出て『図鑑に乗ってない虫』を観ることに予定変更。しかし、こちらも人気がありそうなので、果たしてどうなるやら???

| | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »