« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/24

『蟲師』

近所の映画館に行く途中の川沿いにある桜並木が、毎年きれいに咲き誇る。今年も咲いたら、写真に撮ってここにアップしようと思ったのだが、残念ながら本日はまだつぼみ。うーん、悔しい。

それはともかく、本日観たのは『AKIRA』の大友克洋監督の16年ぶりの実写映画『蟲師』。原作は人気コミックで、100年前の日本を舞台に、蟲と呼ばれる不思議な生き物と、それに対峙する蟲師と呼ばれる人物の姿を描いている。

蟲は人間にとりついたりして、奇妙な現象を起こすのだが、主人公の蟲師ギンコはそれを退治するわけではない。蟲の正体を見定めて、とりつかれた人を癒し治すだけ。そのため、蟲師VS蟲のバトルシーンもなく、実に地味に淡々と話が進んでいく。

自分も蟲にとりつかれてしまったギンコを、不思議な能力を持つ女性が救うシーンなどは、それなりに迫力はあるものの、けっして胸躍るほどの劇的なシーンではない。

というわけで、なんだか物足りない感じで途中で飽きてしまったのだが、たぶんそこに流れるテーマにシンクロできれば、かなり満足できる作品なのだろう。つまり、それは自然が破壊され、神秘的なものが消え去ってしまった現代とは違う、独特な世界観である。豊かな自然に包まれ、神秘的なものと人間がうまく共存している世界だ。そこに共鳴できるかどうかが、この映画を楽しめるかどうかのポイントではないか。

それと同時に、映像の美しさは特筆もの。山、森、沼といった自然の光景は、この世のものとは思えないほどの美しさ。まさに神秘に包まれた世界がそのままスクリーンに写し取られている。

満足度は人によって違うだろうが、最近の映画の中でもユニークな作品なのは確か。ただ面白いだけのハリウッド映画に飽き足らない人は、試してみてはいかが?

| | トラックバック (0)

2007/03/21

『絶対の愛』

今日は久々に渋谷に出かけて、ユーロスペースでキム・ギドク監督『絶対の愛』を観て来た。韓流オババとも無縁のおよそエンタメ色の薄い監督の映画だけに、どうせガラガラだろうと思って行ったら甘かった。ほぼ満員じゃないか。いくら休日とはいえ、キム・ギドクの映画にこれだけ客が来るなんて・・・。

風変わりなラブ・ストーリーで、男の心変わりを恐れた女が整形して別人になって、新たな関係を築こうとするものの・・・というお話。テーマは深いがけっして難解ではなく、むしろわかりやすい。後半の展開など意表を突いていて、そういう意味でも楽しめる映画だった。以前のキム・ギドクなら、同じ素材でもこういう映画にはならなかったのではないか。別に観客におもねっているわけではないが、独善性は消えて、良い意味で熟成されてきた感じ。

とはいえ、鮮烈でユニークな映像は相変わらずで、マスク姿の女や奇妙でエロい彫刻群などには、思わず笑ってしまいました。

それにしても、愛のためとはいえ、ここまでしてしまう女のコワさよ。整形が一般化している韓国だからこその話だろうが。

| | トラックバック (0)

2007/03/18

陽気なギャングが地球を回す

昨日は久々にDVDなどレンタルしてきて見たのだ。「今月誕生日の方の半額クーポン!」というのを利用したのだった。

「陽気なギャングが地球を回す」という日本映画だ。スタイリッシュで笑える犯罪映画で、けっこう楽しめた。しかし、まあ、見たからってな~んも残りませんが。荒唐無稽なマンガだと思って見れば・・・。しかし、大倉孝二は相変わらずいい味出してるなぁ~。

それにしても、もう1週間経つというのに、PANTAのライブの余韻が覚めやらない。アルバム「CACA」も、発売から3ヶ月近く経つのにまだけっこう聴いているのだ。これはホントに良いアルバムだ。ファンでなくとも必聴だ!

ジャケット↓
Caca

| | トラックバック (1)

2007/03/13

新宿LOFT/PANTA~陽炎

一昨日の日曜日は、新宿LOFTPANTA~陽炎 the 1st Cruisin'のツアーファイナルに行ってきたのだ。昨年12月発売のアルバム「CACA」のレコ発ツアーで、PANTA(Vo)、中谷宏道(B)、菊地琢己(G)、中山努(Key)、CHERRY(Dr)によるバンド「陽炎」として初のツアーだ。本格的なバンドでのツアーは久しぶりでもあり、本当は地方も何か所か行きたいと思っていたのだが、結局のところ実現できなかった。

というわけで、なおさら気合を入れて出かけたのだったが、気合を入れるだけの価値はあった。いや、それ以上のものだった。実に中身の濃い、しかも熱いステージだった。アンコールを入れて2時間以上、ほとんどMCもなく、怒涛のように演奏される曲の数々。キャリア豊富なメンバーたちによる演奏は、安定感を持ちながらも、ロックらしい荒々しさを失わない。ハードロック、ロックンロール、ブルース、プログレ、ポップス、バラード……。まったく表情の違う曲を見事にこなしていくのだ。

そして、PANTAのパワーと説得力にあふれた歌声。時にはワイルドに、時には繊細に、自然なアクションとともに観客に届く。熱い、本当に熱いステージだ。PANTAのファンになって長いこと経つけれど、過去のステージの中でもかなり上位に入るのではないか。年のことを言うのは何だけど、これで57歳だぜ!! 正直、この年になったPANTAがこれだけ熱く、見事なステージをくり広げてくれるなんて、少し前までは想像もしていなかった。観客もかなりの入りで、客席の盛り上がり方も相当なもの。「ずっとファンでいてよかったぁ~~」と心底思った一夜だった。うれしいことに、PANTAは、これからこの「新人バンド」でどんどん活動してくれるらしいというから、目が離せそうにない。艦長、ずっと着いていきます!!

おまけ
この間のMRI検査は異常ナシだった。脳も血流も問題なし。問題があるのは思考のほうかもしれない(笑)。

| | トラックバック (0)

2007/03/09

MRI

一昨日、病院でMRIの検査を受けた。少し前に貧血で倒れたので、一応調べたほうがいいと言われ、断るわけにもいかず受けることにしたのだ。CTスキャンは前にも受けたことがあるが、MRIは初めてだ。

検査着(なんか寝間着みたい・・・)に着替え、検査室へ。台の上に横になって頭の上に覆いみたいなものをかぶせられる。胸には放射線除け?のプロテクター。「30分ぐらいかかりますから動かないで下さい」て、「そんなに長いのかよぉ~~!!」。まあ、全身輪切り写真を撮るのだから仕方ないか。

それにしても、検査中のグワングワンいう音は何なのだ?耳栓をつけさせられてはいたが、それにしてもうるさいぞ! 検査中に頭が痛くなる人とかいるのではないだろうか。それほどデカい音だった。あの音を軽減する発明とかすれば、かなりの儲けになるのではないだろうか。どうですか?機械開発者の皆さん。頑張って発明してみては?

やがて検査終了。しかし、会計に行ったらスサマジイ人だかり。なんでもシステム故障で手作業でやっているらしい。いつもはほんの1~2分で済むのに、本日は20分位かかってしまったわい。これぞIT化の落とし穴ですな。今年から移転して新装開店(病院は開店じゃないか)したばかりなので、いろいろシステム上の不安定もあるのだろう。しっかりせい!練馬総合病院。てか、システム担当の会社。

ちなみにMRIの結果は来週月曜に判明。はたして、ボクの輪切りはどうなっておるのでしょうか?

| | トラックバック (0)

2007/03/03

失神のちパンダ顔

2月26日に予約のあった病院に行って診察を受けたのだが、診察台から降りてイスに座ろうとした瞬間に目の前が暗くなってしまった。「あ、これはいかん!」と思った次の瞬間、医者や看護婦の「大丈夫ですか!!」という大声で目が覚めた。どうやら失神していたらしい。

そのままストレッチャーに乗せられて、緊急処置室(?)へ。すぐに血圧、心電図、脈拍、血糖値などなどを測定される。あれ? もしかして、これってテレビドラマの「ER」と同じ? その時にはすでに意識は回復していたので、そんなアホなことを考えていたのだ。

医師の診断では、どうも一過性の貧血ではないかということだったのだが、問題は倒れた拍子にぶつけたらしく、額がパックリと割れてしまったことだった。血だらけで、その血が後頭部にまでまわっていた。「これは縫わなければ」ということで、その場で麻酔をかけられて縫合。

結局、15分ぐらいそのまま横になっていて、どうやら歩けそうだというので、今度は内科の診察室へ。ここでもたぶん一過性の貧血だろうとのことだったが、念のため脳の血管をMRIで調べたほうがいいとのこと。

でも、嫌ならいいです。
でも、受けたほうがいいですよ。
いやいや、決めるのはあなたですから。

て、そんなん断れんじゃないか!!!
ということで、とりあえずMRIの予約をして、ややおぼつかない足取りで帰宅したのだった。

それから2日後に、額の傷の経過を見るために病院へ。だんだん傷口のあたりが黄色くなって、目の周りが黒くパンダ状態になって、3週間ぐらいは治らないそうだ。「温めても冷やしてもダメですから」ですと……。

それからさらに2日後に抜糸したのだが、医師の言うとおりに目の周りはパンダ状態。かわいくねぇ、パンダだこと。やれやれ。

| | トラックバック (0)

2007/03/02

童門冬二氏にインタビュー

またまたブログから遠のいてしまった。とにかく忙しかったのだ。というか、まだ忙しいのだ。ほとんどパソコン前に張り付きである。同じ忙しくてもこれがPCと無縁の仕事だったりすると、「気分転換にブログでも書こうか」と思うのだろうが、そんな気にもならないのだ。仕事が終わるとPC前から一刻も早く遠ざかりたいのだ。やれやれ。

思えばこの間にまた色々あったぜ。映画はあんまり観られなかったのだが、仕事はたんまりやった。中でも印象に残るのは、歴史小説やノンフィクションで知られる童門冬二氏に2月19日にインタビューして、原稿を書いたことだろう。

今年80歳になるというのになんという元気さ。東京生まれで落語好きというだけに、ちょっとラフでユーモラスな語り口。話していることもちゃんとしているし、的確に現代をついている。なんといっても、「歴史物を書いているのではなく、歴史を通して現代を書いている」と断言しているのだから。わずか1時間あまりのインタビューだったが、すっかりファンになってしまいました。帰りにはお土産までいただいて。ありがどうございましたぁ!

ちなみに、童門氏の作家生活は、故隆慶一郎氏が病床に伏して中断した日経新聞の連載小説を、空いた期間だけ書いたことがきっかけで始まったという。なんとこの隆慶一郎氏は、ボクのシナリオライター修行時代の先生である池田一朗氏その人なのである。奇遇だよなぁ~。

ということで、忙しいとはいえ、なかなか充実した日々だったのである。ところが、2月26日にとんでもないことが起きたのだ。何が起きたかはつづく・・・。

| | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »