« ROCKな年の瀬 Part2 | トップページ | 怒涛の映画館通い? »

2007/01/07

ROCKな年始

ROCKな年の瀬を送ったと思ったら、新年早々またROCKである。新年1~3日とウダウダ実家で過ごした後は、4日に栃木に遠征してしまった。知人のドラマーの家の近くにあるスタジオに呼ばれてベースを弾きに行ったのだ。と、とちぎぃ~???
そんなところまでベースを担いで行くのかと思ったら、それだけで疲れてしまったが、幸いベースは向こうにあるヤツを使わせてくれるという。

で、出かけたのだが、これがスサマジイ遠さなのだ。JR湘南新宿ラインで、栗橋というところに行き、そこから東武日光線で新大平下駅に向かったのだが、かかった時間はほぼ2時間。これじゃ、もはや、ちょっとした旅行じゃないですか。

民家と工場のほかは田んぼだらけの車窓の景色の果てに着いた目的駅は、意外にもけっこう大きな駅。何でも日立の工場があるためらしいが、それも最近は生産の海外移転で以前に比べて、かなり寂れているとか。

それにしても、なんでこんなところにスタジオが? と思ったら、町おこしのために町が作った物産センターのようなところがあり、その中に格安のスタジオが設けられていたのだ。これはある種の町営のスタジオなのか? 民営化に逆行する親方日の丸スタジオなのか? いずれにしても、お菓子だの、酒だの、民芸品だの、地元特産品が並んだ店の奥にスタジオがある光景は、なんともシュールであった。

さて、そのスタジオで午後3時から3時間、ドラマー&その弟のギター氏、そしてその友人のフィドル氏とともに、あれこれ演奏したのだが……。いきなりで練習してないしさぁ、ちゃんと打ち合わせもしてないしさぁ、散々でしたよ。まったく。でも、いい加減な演奏とはいえ、久々にスタジオでハジケて楽しかったし、フィドルなんぞと一緒にやったのは初めてだったし、まあまあ面白かったです。演奏中、物産センターの客が何人もガラス越しに覗いて行ったのは、なんだかヘンな感じではあったけれど……。

終わってから、外に出てみたら、暗くなった駅前に場違いな豪華イルミネーション。え、え、え、これって何ですか???

これも町おこしの一環らしい。確かに数人の人々がそのあたりで写真を撮ったり、遊んでいたのではあるが、はたして経費に見合うほどの集客効果はあるのだろうか? お役所のやることはよくわからん。あんまり場違いにキラキラ輝いていやがるから、「こんなもん日本一無駄なイルミネーションじゃねえか」と決め付けてやったぜ。ヘヘヘ。

また2時間かけて帰宅。往復4時間。埼玉、群馬、栃木の1都3県を通過。やっぱりこれは絶対に旅行だぁ~~~!!!


*日本一無駄な?イルミネーション
Ts360068 

|

« ROCKな年の瀬 Part2 | トップページ | 怒涛の映画館通い? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2505/13375302

この記事へのトラックバック一覧です: ROCKな年始:

« ROCKな年の瀬 Part2 | トップページ | 怒涛の映画館通い? »