« 眞鍋かをりは偉すぎる・・・ | トップページ | ROCKな年の瀬 Part1 »

2006/12/24

『鉄コン筋クリート』恐るべし!!!

昨日は、久々に2本映画館をはしごしてしまった。まずシネ・リーブル池袋で『リトル・ミス・サンシャイン』を鑑賞。

家族再生のありがちなロード・ムービーなのだが、これが実に楽しませてくれるのだ。一家のキャラがハジケていて、それだけで笑えてしまうのである。特にアラン・アーキン演じるヘンクツなエロジジイの爆裂ぶりが最高! ホモの自殺未遂者の伯父やミスコン狂いのメガネ娘とのコンビは傑作だ。クライマックスの美少女コンテストには大爆笑。皮肉が利いているし、ホロッとさせてもくれる。楽しく笑って、心ポカポカ。これぞまさにハートウーム・コメディー。オススメだよ~。

続いて、ユナイテッド・シネマとしまえんに移動して、松本大洋原作のアニメ『鉄コン筋クリート』を観る。

松本大洋ってスゴイ才能だとは思うものの、イマイチ好みではなく、ほとんど読んだことがないのだ。よってそれほど期待していなかったのだが(他に時間的にピッタリの映画がなかったから観ただけ)、これがスゲェーかったのだ。独特の世界観や脇役までキチッと設定されたドラマ、映像の見事さなどが印象的だったものの、途中まではただのワルガキの友情物語に、ヤクザや刑事が絡んだハイパーアクションかと思っていたのだ。しかし、途中から人間心理の奥深くにグイグイ入っていき、ついに精神世界に突入!善と悪などの二面性の微妙なバランスを追求したその描写は哲学的でさえある。うーむ、なんだ? この深さは・・・。

思えば「エヴァンゲリオン」あたりで「アニメ恐るべし!」と再認識したものの、それ以降はほとんど遠ざかっていたのだが、やはり侮ってはいけなかった。これからまたアニメにも注目しようっと。

というわけで、まったくタイプは違うものの、素晴らしい映画を2本も観られて幸せな1日だった。おかげで、孤独なクリスマスのことなどすっかり忘れてしまったぜ。とはいえ、本日は初台のライブハウスでロックなクリスマス・イヴを過ごすわけだが。

|

« 眞鍋かをりは偉すぎる・・・ | トップページ | ROCKな年の瀬 Part1 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2505/13182133

この記事へのトラックバック一覧です: 『鉄コン筋クリート』恐るべし!!!:

» 「鉄コン筋クリート」極彩色の無国籍な街で観念世界が踊る [soramove]
「鉄コン筋クリート」★★★ 松本大洋 原作、マイケル・アイリス 監督、 二宮和也 、蒼井優 声の出演 丘の上にはイスタンブールにあるような モスクに似た建物、極彩色の街、 アジアや中近東、日本の建物が混在している。 街のシーンだけでも 並々ならぬ思い入れ...... [続きを読む]

受信: 2007/01/14 02:07

« 眞鍋かをりは偉すぎる・・・ | トップページ | ROCKな年の瀬 Part1 »