« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/24

『鉄コン筋クリート』恐るべし!!!

昨日は、久々に2本映画館をはしごしてしまった。まずシネ・リーブル池袋で『リトル・ミス・サンシャイン』を鑑賞。

家族再生のありがちなロード・ムービーなのだが、これが実に楽しませてくれるのだ。一家のキャラがハジケていて、それだけで笑えてしまうのである。特にアラン・アーキン演じるヘンクツなエロジジイの爆裂ぶりが最高! ホモの自殺未遂者の伯父やミスコン狂いのメガネ娘とのコンビは傑作だ。クライマックスの美少女コンテストには大爆笑。皮肉が利いているし、ホロッとさせてもくれる。楽しく笑って、心ポカポカ。これぞまさにハートウーム・コメディー。オススメだよ~。

続いて、ユナイテッド・シネマとしまえんに移動して、松本大洋原作のアニメ『鉄コン筋クリート』を観る。

松本大洋ってスゴイ才能だとは思うものの、イマイチ好みではなく、ほとんど読んだことがないのだ。よってそれほど期待していなかったのだが(他に時間的にピッタリの映画がなかったから観ただけ)、これがスゲェーかったのだ。独特の世界観や脇役までキチッと設定されたドラマ、映像の見事さなどが印象的だったものの、途中まではただのワルガキの友情物語に、ヤクザや刑事が絡んだハイパーアクションかと思っていたのだ。しかし、途中から人間心理の奥深くにグイグイ入っていき、ついに精神世界に突入!善と悪などの二面性の微妙なバランスを追求したその描写は哲学的でさえある。うーむ、なんだ? この深さは・・・。

思えば「エヴァンゲリオン」あたりで「アニメ恐るべし!」と再認識したものの、それ以降はほとんど遠ざかっていたのだが、やはり侮ってはいけなかった。これからまたアニメにも注目しようっと。

というわけで、まったくタイプは違うものの、素晴らしい映画を2本も観られて幸せな1日だった。おかげで、孤独なクリスマスのことなどすっかり忘れてしまったぜ。とはいえ、本日は初台のライブハウスでロックなクリスマス・イヴを過ごすわけだが。

| | トラックバック (1)

2006/12/22

眞鍋かをりは偉すぎる・・・

いつの間にか前回の記事から1ヶ月も経ってしまった。別に書くことがなかったわけではない。書けないほど忙しかったわけでも、精神的ダメージを受けていたわけでもない。なのに書かなかった・・・。なぜか? うーむ、自分でもよくわからん。ただ面倒だっただけかも。

こうなってみると、やはり眞鍋かをりエライ! こんなもんを毎日書いているのだ。芸能人だから自分の売り込みツールでもあるわけで、一種のお仕事ではあるのだろうが、それにしてもエライ。尊敬する。爪の垢でも煎じて飲んだほうがいいかもしれん。でも、それを本当にやったら一種の変態だが。

まあ、なんにしてもこの間、特筆すべき出来事としては、音楽方面ではU2のライブを観にさいたまスーパーアリーナに行き、スタンディングのアリーナで押し潰され、一緒に行ったドラマーと「来年は久々にスタジオに入ろうぜ~」と緩い会話をして、12月8日には初台ドアーズに「トラ・トラ・トラ」を観に行き、PANTAに加え、佐渡山豊中山ラビ遠藤ミチロウ石塚俊明という濃いメンツを堪能し、最近はCD屋にクリスマスプレゼント用のCDを漁りに行きと、相変わらずの日々なのであった。

一方、映画方面では、イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』をはじめ、それなりに粒揃いの作品を鑑賞したものの、「これだ! これこそ俺が待ってた作品だぁ~!!」という作品に出会うには至らず。やっぱり今年は『フラガール』『嫌われ松子の一生』『ゆれる』あたりが俺の中の1、2かな。そういや、今年のベスト映画も選ばなくては、などと思う日々なのであった。

昨日は久方ぶりに、故郷で親の介護をしているベストフレンドと電話で話し、とても楽しかったと同時に、「もっと頑張らにゃいかんな~」と痛感。ということで、これからはブログももっとちゃんと書こう!

と言いつつも自分自身、イマイチ自分を信用できないのが、ちと悲しいぜ・・・。

| | トラックバック (3)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »