« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/24

最悪の週末

朝起きたら10時半だった! 昨夜寝たのが12時半だから、実に10時間も眠ってしまったことになる。まあ、それだけ風邪で体力を消耗していたのだろう。おかげで、すっかり風邪も抜けて・・・と行きたいところだが、ダメや~~~。鼻もノドも少しは良くなったみたいだが、まだ体が熱っぽいし、鼻呼吸がちゃんと出来ない。足の筋肉にも力が入らずフラフラしている。

それでも1本も映画を観ないと、次週のメルマガが発行できないと思い、無理して家を出る。いつもは近くのシネコンに行くのだが、徒歩約20分。それに対して電車で池袋の映画館に行くと、電車賃はかかるが歩く距離は少ない。よって、池袋に出てシネ・リーブルで『フラガール』を観ようと思ったのだ。

だが、そんな計画はあっさり挫折した。なんと、一番前の席しか空いてなかったのだ。元気な時なら我慢もするが、この体調不良の時に最前列でスクリーンを見上げたりしたら、絶対にぶっ倒れる! なので、やめて帰ってきてやった。フン。あーあ、いつもなら他の映画を探して観るのだが、今日はその気力もなかったし・・・。腹が立ったから帰りにスーパーの北海道物産展で、イクラとホタテと鮭の入った698円の弁当を買ってきてしまった。この出費は痛い!!!

それにしても、まったく最悪の週末だったぜ。金曜夜にプロットコンテスト準グランプリの朗報があったから、「これは良い週末になるかも」と思ったのだが、やっぱり人間体が大切だね。病気だとどうにもならん。よく考えたら、風邪なのに映画館に行ったりしたら、誰かにうつしかねないから、他人にも迷惑だよね。今日も早く寝て、明日から気合を入れ直します。ハイ。

| | トラックバック (0)

2006/09/23

風邪ひいてまんねん・・・

火曜ごろからノドがおかしくなり、水曜夜ぐらいから鼻にも来て、ようやく金曜にかかりつけの耳鼻科に行って薬をもらってきやした。その間、仕事はしていたものの、さすがに本日は映画館にも行く気がせず・・・。いや、ホントは一度家を出たのだが、途中でおなかが痛くなって戻ってきたのだ。今度はおなかにまできたのかしらん。いやな風邪だワン。

ところで、このたび私、某シネコン主催のプロットコンテストで準グランプリに選ばれたらしいです。10月3日に豊洲で表彰式だそうです。これをきっかけに再び映像の仕事にどっぷり浸かってみたい気もするのだが・・・。

| | トラックバック (0)

2006/09/17

グラムロック・イースターvol.20

連休初日の昨日。原稿書きの仕事をするはずが、大幅に寝坊してしまう。ササッと家の掃除をして、ちょっぴりだけ原稿を書いたら、すでに夕方。渋谷・CLUB QUATTROに向かい、マーク・ボラン追悼グラムロック・イースターvol.20を観る。

なんたってvol.20である。20年もやっているのである。もはや追悼イベントの老舗である。9月16日のマーク・ボランの命日に毎年開催するこのイベント。今年は20年目で、しかも土曜日ということもあって、ここ数年の中でもかなりの混雑ぶりだった。

もちろんその中心は、元マルコシアス・バンプ、現アキマ&ネオスのアキマツネオ氏である。以前、氏の話を直接聞いたことがあるのだが、「もしかしたら、自分は音楽が好きなんじゃなくて、T-REXが好きなだけかも」てなことをおっしゃっていたぐらいの思いの持ち主。だからこそ、20年も継続できたのだろう。

内容的には、そのアキマ氏のアキマ&ネオスを中心に、毎年のレギュラーのPANTA、そしてROLLY、広瀬 "HEESEY" 洋一などのゲストが、T-REXナンバーを演奏するといういつもと同じステージ。しかし、やはり20年の節目の年だけに、いつにもまして大盛り上がり大会だった。ネオスのドラムの大島治彦が最後のライブなのも、余計に盛り上がる要因だったかも。

PANTAは昨年に引き続き、THE NEWSを率いてのステージ。ギター、ベース、ドラムというシンプルな編成(曲によってPANTAのギターもプラスされるけど)ながら、ロック魂を感じさせる熱いステージ。THE NEWSのドラムは若いコだけど、ギターとベースってかなりの年のはず。しかし、若いし、カッコいい! PANTAともども、ロックに年齢は関係ないとあらためて実感させられた。ちなみに昨年はリーゼントに全身キラキラ衣装で登場したPANTAは、今年は舞台「秘密の花園」の野口医師の扮装そのままで登場でした。まあ、確かにあのギンギラギンはグラム風だわね。

全員が登場したノリノリのアンコール2回が終わって、終演は実にPM11時。4時間近くも立ち通しで観ていた自分も、ロック人生まだまだイケそうである。それを毎年、再確認するイベントでもあるのだが、はたして来年はあるのか???

| | トラックバック (0)

2006/09/15

占いを信じるな!!!

どうもいけない。占いなど信じていないつもりなのだが、つい気になってしまう。「良いことだけ信じよう」と思ったりもするのだが、それでも振りまわされてしまうのだ。

一昨日の某占い。「長年の夢がかなう日!」。ホ、ホントか!? ついに長年の夢がかなうのか? でも、長年の夢ってなんだ? あの夢? この夢? あっちの夢? うーん、夢ばっかりの欲張り男ったら・・・。

しかし、どう考えても、あの夢は実現するはずがないし、この夢も実現するはずがないし・・・などと考えながら一日を送っていたら、終わってしまったじゃないか!!! 何も夢なんてかなわなかったじゃないか!!! それどころか、夕方なんて雨の中、とんでもない悲惨な目にあってしまったのだ。詳しくは語りたくないほど悲惨なのだ。

要するに、「長年の夢がかなう日!」なんて断定するからいかんのだ。占い師も競争が激しいのだろうし、曖昧な物言いはし難いのかもしれないが、せめて「長年の夢がかなう日かも!」と「かも」ぐらい付けて欲しいのだ。

実は、そうやって、「かも」を付けて曖昧な原稿にするのは、我々下流ライターが原稿を書くときの便利な逃げ方です。断定するとヤバそうなときに、よく使ってます。みなさまもぜひご愛顧を。てか・・・。

| | トラックバック (0)

2006/09/11

戻って来い!ブライアン・シンガー

一昨日と昨日は、久しぶりに、土日、完全休養です。しかし、久しぶりに休んだら、どうも体調が悪いです。仕事しないとダメなんでしょうか。仕事中毒???

そんな中、一昨日は近所のシネコンにて『X-MENファイナル・ディシジョン』を観る。それなりによくできたエンタメ映画なれど、前2作に比べるとかなり落ちる。せっかく「ミュータントは病人なのか?」「他人と違ったらいけないのか?」というテーマを提示しながら、ちっともドラマがふくらまない。これはやっぱり監督がブライアン・シンガーから、ブレッド・ラトナーに代わったせいでしょうねぇ。オーラスにしては物足りないなぁ~。シンガー監督が『スーパーマン・リターンズ』に行っちゃったからしょうがないんでしょうけど、それにしてもねぇ。うーん。おかげで(?)、帰り道にお腹が痛くなって、走って帰ってきました。

昨日は、シネ・リーブル池袋で黒沢清監督のホラー映画『LOFT/ロフト』を観る。相変わらず唐突なところとかたくさんあるのだが、ホラーというワクの中だと、それほど突飛にも思えない。むしろ、素材となっている千年前の美女のミイラをはじめ、様々な登場人物の怨念、苦悩、孤独などがスクリーン上をさまよって、最後まで目が離せなくなってしまう。なんたって映像がいいからねぇ~。好き嫌いはあるだろうけど、けっこう面白い映画でした。

| | トラックバック (1)

2006/09/03

休日出勤!?と『UDON』

昨日と今日は、土日なのに仕事をするハメになった。「フリーランスなんてそんなものだろう」「どうせ暇な時は平日遊んでるのだろう」とお思いの皆さん、その通りです! でもねぇ、先週の土日も休んでないのよ。二週間ぶっ続けで働いてるのよ。もうこんな生活イヤ! なのよ。

実は、今週の土日にやる仕事は締め切りに追われているわけではない。最終締め切りまではあと10日ぐらいあるのだ。しかし、来週は他の仕事もギチギチに詰まっていて、どう考えても土日に仕事をしないと間に合わない計算。これが会社勤めだったりすると、出社するのも面倒だし、ま、いっかぁ~、何とかなるやろ、てなことになるのかもしれないが、なんせこちとら職住接近というより職住合体。三歩歩いてパソコン前に進めば、それでもう仕事開始。ハードルが低いから、なおさら土日に仕事をしてしまうわけだ。

で、昨日は原稿用紙15枚ぐらい書きましたがな。でも、途中でストレスがたまりまくってキレてしまい、そのまま映画館に逃走。ヒット中の日本映画『UDON』を観ました。うーん、さすがフジテレビの亀山&本広監督コンビ。面白いのは面白いです。だけど、エンタメ要素をギッシリ詰め込み過ぎて、なんだかとてもバランスが悪く、あとに残るものはほとんどナシ。面白ければそれでいいのか??? 唯一観終わって思うのが「讃岐うどんが食いてぇ~」。讃岐うどんPR映画と考えれば、腹が立つこともないかも・・・。

あんまり消化不良だったから、もう1本観てやろうかと思ったのだが、腰が痛くてやめた。仕事で座りっぱなしで、映画館でもずっと座ってたからねぇ。

さて、本日も昨日ほどではないが、10枚ほど原稿を書き、スーパーなどに買い物に行き、ここのところずっとやってなかった掃除をザザッとやって、夜になって昨日観るのを断念した『40歳の童貞男』を観に行く準備をしたのだ。しかし、ダル~。久々に掃除などしたら、とてもレイジーな気分になって家を出る気がしなくなった。おまけに、ネットで混雑状況を見たらほぼ満席じゃないか!!! うーむ、みんなそんなに40歳の童貞男に興味があるのか???

まあ、いいや、ここのシネコンの独占公開映画だから、少なくとも2週ぐらいはやってるだろう。てことで、この次にします。今日はもうゴロゴロします。明日からまたずっと仕事です。こんなに働いているのに、どうしてお金がないのでしょう。安倍晋三とか総理大臣になったら、日本はますますヒドイ国になり、ボクもますます貧乏になると思うゾ。

| | トラックバック (0)

2006/09/01

アイドル歌手並み?

ググーッ、忙しすぎるぜ。
なんだか5年に一度の大忙しって感じ。並行して5本ぐらい仕事を抱えてるんですけど・・・。まるでアイドル歌手並み? いえいえ、ちゃんと6時間ぐらいは睡眠をとってますけれどね。

今日も今日とて、一日パソコンに張り付いて、夕方からは荻窪で取材。土日も原稿を書かねば追いつかない状況。とはいえ、何とかして映画館にも足を運ぶつもり。ただし、近場で済ませるしかなさそうだなぁ~。

| | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »