« 占いを信じるな!!! | トップページ | 風邪ひいてまんねん・・・ »

2006/09/17

グラムロック・イースターvol.20

連休初日の昨日。原稿書きの仕事をするはずが、大幅に寝坊してしまう。ササッと家の掃除をして、ちょっぴりだけ原稿を書いたら、すでに夕方。渋谷・CLUB QUATTROに向かい、マーク・ボラン追悼グラムロック・イースターvol.20を観る。

なんたってvol.20である。20年もやっているのである。もはや追悼イベントの老舗である。9月16日のマーク・ボランの命日に毎年開催するこのイベント。今年は20年目で、しかも土曜日ということもあって、ここ数年の中でもかなりの混雑ぶりだった。

もちろんその中心は、元マルコシアス・バンプ、現アキマ&ネオスのアキマツネオ氏である。以前、氏の話を直接聞いたことがあるのだが、「もしかしたら、自分は音楽が好きなんじゃなくて、T-REXが好きなだけかも」てなことをおっしゃっていたぐらいの思いの持ち主。だからこそ、20年も継続できたのだろう。

内容的には、そのアキマ氏のアキマ&ネオスを中心に、毎年のレギュラーのPANTA、そしてROLLY、広瀬 "HEESEY" 洋一などのゲストが、T-REXナンバーを演奏するといういつもと同じステージ。しかし、やはり20年の節目の年だけに、いつにもまして大盛り上がり大会だった。ネオスのドラムの大島治彦が最後のライブなのも、余計に盛り上がる要因だったかも。

PANTAは昨年に引き続き、THE NEWSを率いてのステージ。ギター、ベース、ドラムというシンプルな編成(曲によってPANTAのギターもプラスされるけど)ながら、ロック魂を感じさせる熱いステージ。THE NEWSのドラムは若いコだけど、ギターとベースってかなりの年のはず。しかし、若いし、カッコいい! PANTAともども、ロックに年齢は関係ないとあらためて実感させられた。ちなみに昨年はリーゼントに全身キラキラ衣装で登場したPANTAは、今年は舞台「秘密の花園」の野口医師の扮装そのままで登場でした。まあ、確かにあのギンギラギンはグラム風だわね。

全員が登場したノリノリのアンコール2回が終わって、終演は実にPM11時。4時間近くも立ち通しで観ていた自分も、ロック人生まだまだイケそうである。それを毎年、再確認するイベントでもあるのだが、はたして来年はあるのか???

|

« 占いを信じるな!!! | トップページ | 風邪ひいてまんねん・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2505/11935288

この記事へのトラックバック一覧です: グラムロック・イースターvol.20:

« 占いを信じるな!!! | トップページ | 風邪ひいてまんねん・・・ »