« 『ユナイテッド93』 | トップページ | 『グエムル』&『スーパーマン・リターンズ』 »

2006/08/18

PANTA LIVE06

昨日は、実家より戻って仕事。そして、夜は初台ドアーズに、PANTAのライブを観にいく。新バンド、その名も「不知火」を率いての処女航海(本人コメント)だッ!!

オープニングでハンサム兄弟のすさまじいパワーの人(ゴメン、名前忘れた)が吼え、続いて木暮武彦率いるMtデリシャスが登場。相変わらず良いギター弾きますねぇ。基本的にはベースとドラムのトリオで、インスト中心。そこに木暮のボーカルとダンスもする女の人のボイスが加わるということで、なかなかの演奏でした。

そして、ついに不知火登場。オープニングの「BOFURA」から全開でした。やっぱりフルバンド編成は良い。PANTAはハンドマイクでボーカルに集中できるから、アクティブに動き回れるので、なおさら熱いステージになるってもんです。芝居の経験が生きたのか、今回は歌詞を見ないで歌っていたし。

「浚渫」「フロイトは大嫌い」「ロックン・ロール・トリートメント」とおなじみの激しい曲が続いて、ようやくスローテンポの「スカンジナビア」。そして未レコーディング曲集「カカ」の候補曲から「朝を呼ぶ男」「Melting Pot」「Crusin'」「フライデイ・フライト」。今回は新曲は期待していなかったので、これだけ「カカ」の候補曲を演奏してくれて満足。

「IDカード」「ルイーズ」「マーラーズ・パーラー」「マラッカ」で一度ステージを降りて、アンコールに「反逆の軌跡」「屋根の上の猫」。二度目のアンコールに「Pas du deux」。

PANTAの動きは最後まで落ちなかったし、声もよく出ていたし、息切れもしてませんでした。久々に本格的なロックバンドの演奏に触れた気がしましたヨ。 お久しぶりの鈴木匠 (G)をはじめ、中谷宏道(B)、CHERRY(Dr)、中山努(Key)というメンバーで、CHERRY以外はけっこうな年だろうけど、なんだか良い年のとり方をしてきた男たちの本物のロックって感じ。これからもバリバリ活動してくださいませ。期待してるよ~!!

|

« 『ユナイテッド93』 | トップページ | 『グエムル』&『スーパーマン・リターンズ』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2505/11500301

この記事へのトラックバック一覧です: PANTA LIVE06:

« 『ユナイテッド93』 | トップページ | 『グエムル』&『スーパーマン・リターンズ』 »